日本の子供、6人に一人が貧困
・家族の収入が少なく、ご飯が食べられなかったり、進学を断念したり
・日本の貧困率16.3%(2014年発表)一人親など大人一人の世帯に限ると54.6%で先進国最悪

戸籍の無い日本人
日本には1万人以上の戸籍の無い人たちがいます。様々な要因はありますが、離婚後出産し、前夫のの協力が得られず、書類不備となることなどが挙げられます。
戸籍がないと、いろいろな不利益を被ることとなります。
・学校に行けない
・選挙権が与えられない
・運転免許が取れない
・身分証明書が持てない
・婚姻届けが受理されない
・印鑑登録が行えない

弱者を狙った犯罪
・ストーカー
・振り込め詐欺

人口妊娠中絶数、年間17万件以上
収入面や家庭環境の為、面倒が見れず、やむを得なく中絶する

解決策として全国に寺子屋を配置
全国のお寺、神社等々と連携をとり、身寄りの無い子供、食事の出来ない子供、虐待を受けている子供を引き受け、ボランティアによる教育、寄付による食事等々を与える。
人口妊娠中絶を一人でもなくすことにより、日本の少子化に歯止めをかける

老若男女、国籍、宗教、思想、過去を問わず、未来の日本の為、日本の美徳を継承し、先祖を敬い、親を大切にする心を持ち、国、地域の為に貢献する意思の持ち主により構成
日本全国の有志がひとつの家族となり、何か困ったことがあれば、すぐに相談できる環境を作り、問題解決に向け各分野のOBやボランティアがサポート

 

ウィキペディアに投稿中